にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村  発達サポート.netを登録 by BlogPeople

発達サポート.net

発達相談や発達障害支援専門の(独立型)精神保健福祉士・行政書士です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を選ぶ

 知的障碍あるいは発達障碍のあるお子さんについて、どのような本選びをされていますか?
 以前、知的障害のある中学3年生のお子さんの言語指導で使うための教材となる本・絵本がなかなか見つからないということがありました。文章の難易度や内容から考えるとその子にあった難易度の本であっても、その子にしてみれば「幼児が読むような幼稚な本は読みたくない」という思いも強く、なかなか良い本が見つからなかったのです。

 絵本や児童文学の全てが子どものためだけに書かれているわけではありません。これらの中には子どもを惹きつけると共に、大人に対しても多くのこと訴えかけるような本が数多くあります。年齢の高いお子さんにはそうした本とうまく出会わせてあげることが望まれます。
 
 例えば、「読みなさい」という押し付けでは絵本や本を読みたがらないお子さんでも、親御さんがいかにその絵本を味わって読んでいるのかという姿勢を見せ、その本を読んで親御さんが感じたことをお子さんに伝えるようにします。 そして、その上でお子さんが興味を持ってくれれば、お子さんにもその本を読ませてあげたりしてはどうでしょうか。そうすると、いつになく意欲的に本が読めるということがよくあります。

 なお、「絵本」の中でも良質な絵本は小学校低学年の国語の教科書の教材となったり、学芸会の演目として小学1、2年生の劇で多く取り上げられています。(国語の教科書に取り上げられる際には縦書きの文章になり、挿絵が減るという変化がありますが、ストーリーは絵本と全く変わりません)過去及び現在のものとしては「スイミー」や「スーホの白い馬」、「くまのこウーフ」などは教科書に取り上げられたことがあります。また、 「3匹のやぎのががらがらどん」や、「じゅげむ」などが学芸会で取り上げられる例があります。

 また、一人で読むにはちょっと難しいかなという場合には、一日にちょっとずつでもよいので、本の読み聞かせもしてあげるのもよいですね。

 ぜひこの夏休みに「絵本は幼児のもの」という固定概念を外して、親子で一緒楽しく本を読む時間をもっていただければと思います。

リンク→ 発達サポート.net の オススメ書籍




当ブログはブログ村のランキングに参加しています。「面白い」「ためになった」と思っていただけたら、ぜひクリックしてください。

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://glpsw.blog92.fc2.com/tb.php/28-2abfc500
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

BLOGOOLE BLOG情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。