にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村  発達サポート.netを登録 by BlogPeople

発達サポート.net

発達相談や発達障害支援専門の(独立型)精神保健福祉士・行政書士です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発達に障害のあるお子さんがトイレに行くこと嫌がる場合の対応(2)

 前の記事から引き続き、発達に遅れのあるお子さんなどが、トイレに行くことを嫌がる場合について取り上げていきます。
 まずは、
 a.トイレが寒かったりや便座が冷たいことが嫌である場合
 b.匂いや衛生面から入りたがらないとき
 c.ズボンの操作が難しい場合
 についてです。

 ごくごく、当たり前のことと思われてしまいますが、案外こうしたことに気づいていないという場合があります。

 まず、「a.トイレが寒かったりや便座が冷たいことが嫌である場合です。大掛かりな対応としては、ウォームレットなど、ヒーター付の便座を使うという方法があります。もう少し手軽な方法としては、トイレにセラミックヒーター等を置いてトイレを暖めると言う方法があります。また、便座に座って排泄をする場合には、もっと手軽な方法としては便座カバーをつけるなどという方法があります。また、冬場はトイレの照明を暖かみのある色合いのものに交換するということも考えられます。

 次に、「b.匂いや衛生面から入りたがらない」場合です。
こまめに掃除をすると言う方法がまずあります。芳香剤や消臭剤を使ったり、
壁などの汚れについては目立たないように上からポスターやカレンダーなどを貼る方法もあります。

 そして、「c.ズボンの操作が難しい場合」
 ズボンのファスナーから排尿するのであれば、ファスナーのつまみ部分に短い紐などをつけて下げやすいようにする方法があります。また、ウエスト部分を外さないと難しいようであれば、ボタンとホックのどちらが使いやすいのかを考えてズボンを選んであげたり、ボタンホールを大きくしてあげるなどの方法もあります。また、ウエスト部分を下げる必要がある場合は、きつすぎず、下げやすいものを選んであげるとよいと思われます。

続きはまた次の記事にて掲載いたします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://glpsw.blog92.fc2.com/tb.php/13-6b924f8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

BLOGOOLE BLOG情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。